ルクスクリエイトの特徴

ルクスクリエイトの特徴

feature 1各分野の専門家と提携

Web制作業界において、全ての依頼に「大丈夫です。お任せください。」という会社は未だに存在しています。

ただ、ここで考えていただきたいのがWebの世界にも

  • ホームページ制作が得意な会社
  • イラスト作成が得意な会社
  • 動画制作が得意な会社
  • システムの開発が得意な会社

などさまざま存在し、それぞれに必要なスキルセットは全く異なります。

そのため、実際には1社で全てを出来る会社はほとんど存在しなく無理をして受注をしているか、一社で無理に完結させようとすると微妙なクオリティのものが仕上がってくるといった事がほとんどです。

弊社では、それぞれの得意分野を持ったプロフェッショナルなクリエイターを内製化することで、こういった弊害をなくしクオリティの高いサービスを維持したままご提供しております。
ご相談を頂いても、クオリティに懸念の残りそうなご依頼事項などははっきりとその旨をお伝えさせて頂きますので、しっかりとそうした認識の擦り合わせをした後にお付き合いが出来れば幸いです。

ルクスクリエイトの特徴

feature 2優れたデザイン力

当社では専属のデザイナーが御社の魅力をインパクトのある形で伝えるデザインに落とし込み、それを1つ1つデザインを行っています。

ホームページを通してユーザーの行動を変えるのに重要な事は、デザインもさることながらサイト内部のコンテンツです。どれだけキレイで素晴らしいデザインのサイトを作り上げても内容がスカスカではサイトに訪れたユーザーの行動変容までは至りません。

「会社の思い」や「サービスに対する思い」などはもちろんのこと、採用サイトにおいては応募の不安要素を減らすコンテンツは必要不可欠です。

そのため、お客様には必要なコンテンツの作成に専念していただき、それをどうやって魅力的にみせるかという観点は我々プロにお任せいただきたいと考えております。

ルクスクリエイトの特徴

feature 3魅力を引き出す映像制作

映像の表現力は文字の5000倍

映像の表現力は、活字や静止画による情報伝達力と比較すると、5000倍もの差があると言われています。
そして、1分間の映像には、文字情報に換算して180万文字分の情報伝達量があると言われウェブページに換算すると約3600枚分と言われるほどです。

これは商品紹介だけでなく、文字だけでは伝わり難い「会社や人物の雰囲気」や「商品の具体的な紹介」などにも多く取り入れられています。今ではamazonなどのECサイトの商品紹介に動画が使われるようになり、企業の採用サイトでも動画を使ったプロモーションはごく一般的になってきました。

しかし、動画のクオリティが低いと逆にイメージは悪くなってしまいます。本来動画を使う目的は「相手に好印象をもってもらう」といことです。社内のメンバーや格安で動画を制作した場合に結果的に満足なクオリティにならないことも多くマイナスイメージに作用してしまうことだけは避けなくてはなりません。

弊社では、こうした採用向けの動画から企業プロモーション用の動画制作まで、パートナーシップを提携している映像制作のプロが企画・構成から担当し、それを効果的に見せるためのホームページ制作まで一貫して対応する事が可能です。

まずは動画制作からといったご依頼も歓迎しておりますのでお気軽にご相談ください。

ルクスクリエイトの特徴

feature 4採用サイトは採用費を減らす事が出来る

採用広告費はゼロには出来ないが減らすことはできる?

どれだけ作り込んだ採用サイトを作ったとしても、それだけで大手求人媒体への広告費をゼロことは難しいですが、優れた人材を早期に採用し、広告出稿期間を短くすることには大きく貢献します。

これはどれだけ作り込んだページでも、そこに人を集める(見てもらう)かは別問題です。
リクナビやマイナビなどのその他大手求人媒体よりも検索上位に表示されることは不可能に近いため、人を集める集約経路としての役割を果たす求人媒体への広告出稿はある程度継続する必要があります。

しかし、優れた採用サイトは訪れた人に対して効果的に訴求できるので、「自社と深くマッチした人材」や「今までスルーしていた人材」を振り向かせることが出来ます。その結果、優秀な人材を早期に確保できることで広告出稿期間を短縮し広告費を削減することには繋がると考えております。

また、深くマッチングした人材は離職率が非常に低いというのも大きな特徴の1つです。

当社では特に採用サイトにおいて、そうした効果を最大化させるために優れたホームページデザインだけでなく、動画を取り入れた採用サイトを推奨しております。

「ウチには訴求できる事がない」という方も弊社が優秀な人材を確保するために一緒に考えて参りますのでご安心ください。

Menu